英語ぺらぺら君中級編 特徴 【英語ぺらぺらの秘訣】

【英語ぺらぺら君中級編】で瞬発力を身に付けよう

 

英会話は瞬発力が求められる

 

 

もしも、あなたが英語の読み書きはある程度自信があるけど英会話は全くダメというのであれば、それは瞬発力が無いからかもしれません。

 

 

会話は、相手の言っている事を即座に理解し、すぐに言葉で応答しなければ成り立ちません。英語という世界での瞬発力が必要なのです。

 

 

日本人であれば日本語の反射神経は出来上がっており、何かを話しかけられれば即座に反応できます。

 

 

それに対して外国語である英語では、意図して鍛え上げないと反射神経は作られません。それでは、どのようにして英語の反射神経を作ったらよいのでしょうか?

 

 

これには他のジャンルのトレーニング法が参考になります。例えば、サッカーのドリブルやフェイントの反射神経を鍛えるためには、実際にドリブルやフェイントの動作を数多く行います。猛烈な回数の動作練習を行うことで体に覚えさせないと瞬発力は身につかないからです。

 

 

英会話の場合も同じで、しゃべるための反射神経を鍛えるには実際に数多くしゃべらないとダメなのです。英会話の教材を選ぶ際には、しゃべる練習を大量に行える内容かどうかをチェックしてみてください。自分でしゃべる練習が少ないと、英会話に必要な瞬発力は身につきません。

 

 

【英語ぺらぺら君中級編】は1回30分前後のレッスンを通して、しゃべる練習をたっぷり行います。クエッショニングといいますが、ナレーションの質問や指示にしたがって自分が英語をしゃべる(つぶやく)のです。だから、英語の反射神経が鍛えられ、瞬発力がアップします。

 

 

人間、どうしても楽な方へ流れるもので、「ただ聞いているだけで英会話ができるようになる」式の教材に魅力を感じてしまう人が多いのですが、ネイティブスピーカーの英語を聞いているだけで英語がペラペラになるはずありません。

 

 

音楽を聞いているだけで、楽器の演奏ができるようになるでしょうか?
音を出して練習することなしに、楽器の演奏技術が上達するでしょうか?

 

 

答えは明らかです。

 

 

英会話で必要な瞬発力を手に入れたければ、【英語ぺらぺら君中級編】のような教材を利用して、とにかく英語を多くしゃべるトレーニングを行うことです。

 

 

 

 

 

【英語ぺらぺら君】とは?


【英語ぺらぺら君】とは、音声の質問に英語で答えているうちに、自然に英語がはなせるようになるという英語教材です。初級編に続き、今回、中級編が出ました。


【英語ぺらぺら君中級編】の本編は1日30分弱のレッスンが30回分あり(Lesson1〜Lesson30)、トータルで15時間ほどのレッスンとなります。


1日〜2日で1レッスン行なうのが良いペースでしょう。つまり、1〜2ヶ月で日常英会話がペラペラ話せるようになるわけです。