英語ぺらぺら君中級編 特徴 【英語ぺらぺらの秘訣】

【英語ぺらぺら君中級編】の感想

 

【英語ぺらぺら君中級編】のレッスンを始めてみて直ぐに感じるのは、ネイティブの話す英語を真似して口に出してみる回数が多いことです。やはり、「英語を喋るトレーニング」という感じが強いです。

 

 

喋るのは単語レベルの短いものから、そこそこ長い英文まで様々です。長い英文の場合には、核になる部分に場所や時などを少しずつ追加して段々長くしていきます。その全ての段階で口に出してつぶやくので、無理なく長い英文も喋れるようになります。

 

 

そして、「非常に良い!」と思ったのが、復習する機会が繰り返し設けられていることです。例えば、レッスン1に次のような英文が出てきます。

 

 

He came here for a visit. 《★》
(彼はここへ観光のために来た。)

 

 

この英語表現を1つのパターンとして覚えるわけですが、レッスン1を通して何回も口に出してつぶやくように、繰り返し質問されるのです。しかも、レッスン2以降でもつぶやくようになっているんですね。

 

 

つまり、《★》の表現を何回も何回も復習するように、教材が作られているわけです。

 

 

この仕掛けによれば、しっかり記憶しやすいし、記憶できていない場合もその事に気づきやすいのです。

 

 

例えば、レッスン1を全てマスターできたつもりで、レッスン2に進んだとしましょう。レッスン2の中でも、《★》はテストされます。だから、《★》の習得レベルが低い場合には、直ぐにわかるのです。(実際、私は《★》以外の表現でそのようなものがありました。)

 

 

一般の英会話教材は、【英語ぺらぺら君中級編】ほど復習の機会が作りこまれていません。復習は受講者が考えて行なうもの、という立場の教材が多いですね。

 

 

勉強法・学習法のスキルが高い受講者なら、それでも英会話は上達します。自分で考えて、十分に復習するからです。

 

 

しかし、そうでない受講者は一向に英語を話せるようにならなかったりします。消化不良とも気づかずに、どんどんレッスンを先へ進めてしまうからですね。

 

 

その点、【英語ぺらぺら君中級編】なら心配はいりません。
音声の指示に従ってつぶやいているだけで、何回も繰り返し復習をすることになるからです。

 

 

日常英会話をマスターするのに、難しいことを考える必要はありません。【英語ぺらぺら君中級編】に任せて学習すればよいのです。英語がとっさに口から出てくるレベルになれます。

 

 

 

【英語ぺらぺら君中級編】の詳細はこちらをクリック

 

 

 

【英語ぺらぺら君】とは?


【英語ぺらぺら君】とは、音声の質問に英語で答えているうちに、自然に英語がはなせるようになるという英語教材です。初級編に続き、今回、中級編が出ました。


【英語ぺらぺら君中級編】の本編は1日30分弱のレッスンが30回分あり(Lesson1〜Lesson30)、トータルで15時間ほどのレッスンとなります。


1日〜2日で1レッスン行なうのが良いペースでしょう。つまり、1〜2ヶ月で日常英会話がペラペラ話せるようになるわけです。